トップページへ
Description 芦屋からコスチュームジュエリーやアンティークウォッチの入荷情報、日常で見つけたきれいでかわいいことを、日々ブログにつづっていきます。
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries Category Archives


痛い!クリップ式イヤリングの調整方法
 



コスチュームジュエリーのイヤリングはクリップ式が

多いです。このタイプのイヤリング、耳が痛くなるので

つけないという方も多いのではないでしょうか?



クリップ式イヤリングは比較的簡単にご自分で挟む力の

強弱を調整することができます。今日はその方法を

ご紹介いたします。用意するものはペンチ1本!




今日はこちらのイヤリングの挟む力を弱めてみます。





こちらが横から見たところ。赤線の角度にご注目。ここを

少し外側に倒してあげるだけで挟む力が弱まります。


クリップ式 イヤリング 調整



アクセサリー用の先が細いペンチを下記のようにあてます。

ペンチによっては、裏側がすべらないようにギザギザに

なっていて、そのまま抑えると傷がついてしまいますので

イヤリングの部分を布でくるんでその上からはさんでくささい。

クリップ式 イヤリング 調整


そして、外側にぐっと傾けます。


クリップ式 イヤリング 調整


角度が変わったのがわかりますでしょうか?

これで挟む力が弱まりました。反対に落ちないように

強めにしたい場合はこの反対をすればいいわけです。



注意していただきたいのは、広げたり戻したりを繰り返すと

そのうちポキッと折れてしまいます。そうならないように

少しずつゆっくり傾けてご自分の耳にあてて当たり具合を

確認することを繰り返してください。やりすぎると今度は挟む

力が弱くなってイヤリングを落としやすくなってしまいます。




ヴィンテージの物はもともとこの部分が弱くなって

いないか確認してから自己責任で行ってください。

ゆっくり少しずつが失敗しないコツ。

お悩みだった方はぜひお試しくださいね。





posted by: | コスチュームジュエリーあれこれ | 13:11 | comments(0) | - |

THE ART OF JULIANA JEWELRY ジュリアナのジュエリーブック
 
1947年ニューヨークでコスチュームジュエリーの

会社を立ち上げたのがDelizza & Elsterの2人。



ワイスホベーカーネギークレイマーなどの

有名なメーカーのジュエリーも製作していました。



後にジュリアナというブランドのジュエリーを

販売した会社でもあります。



有名なメーカーのコスチュームジュエリーの裏には

メーカーのサインが入っていることがほとんどですが

ジュリアナだけはサインではなくタグをつけて

販売していたためサインがありません。



当時のタグ↓

ジュリアナのタグ



そのためジュリアナのジュエリーかどうか

見極めるのが難しいと思う方も多いと思います。



そんなジュリアナファンの方に

オススメなのがこの一冊。





THE ART OF JULIANA JEWELRY



ジュリアナのジュエリーは特徴的な作り方が

されているのでたくさん見ていくうちに

ジュリアナかどうか判断できるようになります。



オールカラーの写真が223ページ。

ジュリアナのジュエリーがほぼすべて網羅

されているのではと思うほどのボリューム。

判別方法など写真つきでとても

わかりやすく解説されています。



ジュリアナという名前で販売されたのが

1967年と1968年のたった2年間だったため

短命の会社というイメージがあるかもしれませんが

実際は1947年から1990年代まで

ジュエリーを製作し続けたメーカーでした。



コスチュームジュエリーブックの例外にもれず

洋書で英語ですが、英語がわからなくても

写真だけでも十分理解できます。



ジュリアナをもっとよく知りたいという方は

是非読んでみてくださいね。




posted by: | コスチュームジュエリーあれこれ | 10:25 | comments(0) | - |

1927年のシャネルの広告
 


かっこいい広告を発見したのでご紹介します。

1927年のシャネルの広告です。


この時代はまだ、女性は髪の毛は長く

アップにまとめられていて

体をしめつけるコルセットのドレスが主流でした。


そんな時代にシャネルが提案した新しいスタイル。






このドレス、腰回りがゆったりしていて

すごく着やすそうで、しかもシックですよね。



何色のドレスだったのかが気になるところですが

おそらく、黒、ベージュ、白あたりでしょうか・・・。

そして、ベリーショートな髪型。



この頃から彼女はコスチュームジュエリーを

誰よりも早く製作し始めます。

後ろ姿で前が見えませんがもしかしたら、

何かジュエリーをつけているかもしれませんね。



いつの時代も、どこの国でも

時代の先を読む人がいて

新しいスタイルが作られていくんですね。


 
posted by: | コスチュームジュエリーあれこれ | 12:42 | comments(0) | - |

アンティーク ビンテージ ヴィンテージの表記について
 
ミグパリでは商品名に

アンティーク

ビンテージ

ヴィンテージ


の3つの表記を使っています。


アメリカでは、法律で100年以上経過したものをアンティークとする
という明確な基準があります。


そうなるとビンテージは、100年未満のものをさす
ということになるでしょうか・・・。見る


今から何十年前までをビンテージとするかというのも難しいところです。ノーノー

アメリカにもビンテージの明確な基準はないのです。[:ふぅ〜ん:]




人によって、アンティーク、ビンテージの基準も違うと思いますので
当店では、それに従って曖昧なままにしています。たらーっ



アメリカではコスチュームジュエリーはvintage costume jewelryと表記されます。


日本でアンティークウォッチという呼び方が広く浸透していますが
海外では、ほとんどがvintage watchと表記されていますね。


本当に古い物、やはり100年以上たっている物は
antiqueと表記されているように思います。



お客様が商品をネットでブローチを探す時に、

”ビンテージブローチ”で検索される方

”ヴィンテージブローチ”で検索される方

”アンティークブローチ”で検索される方

いろいろいらっしゃることを想定して


どれで検索してもヒットするようにランダムに商品名につけています。イケテル



インターネットの検索用に便宜上つけていると
思っていただければと思います。猫





posted by: | コスチュームジュエリーあれこれ | 15:44 | comments(0) | - |

ミリアムハスケルのビンテージ広告
 
先日のロレックスのビンテージ広告に引き続き
今日はミリアムハスケルの広告をご紹介します。グッド


1947年3月号のVOGUEの中の一枚。ワッ!


ブローチ、イヤリングを身に着けた女性の横顔のイラストです。down


額に入れてアートにしたいくらいシックでステキな広告!ラブ





ニューヨークのフィフスアベニューにあるミリアムハスケルの店の住所が
イラストの下に書かれています。


カラー写真の広告がたくさんある中で、白黒で色を使わずに
ミリアムハスケルのジュエリーの特徴をよく捕らえています。拍手


これ、今から63年前の広告と思うとすごい!拍手


このページが今どこかのファッション雑誌の一枚のページとして
のっていても、違和感がないのでは?と思うくらいモダン。


いい物はジュエリーにしても時計にしても広告にしても
いつの時代にもマッチするんですね。おはな



 
posted by: | コスチュームジュエリーあれこれ | 16:49 | comments(0) | - |