麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

レディースビンテージウォッチのリュウズが巻きにくい、固い原因 

リュウズが巻きにくい原因はリュウズの消耗にあり

 以前、ビンテージウォッチのリュウズがいくら巻いても巻き終わらないので、一度見てほしいという修理のご依頼がありました。巻き終わらない原因は、中のゼンマイという部品が切れていることが大半なのですが、送ってもらった時計を確認してみると、ゼンマイは切れていませんでした。

リュウズを回してみて気づいたのは、リュウズがすごく固い。回し慣れている私でも、わずかしか巻けない。なぜ巻けないのか?拡大した写真を2枚見比べてみてください。

淵の部分にしっかりギザギザがあります。

f:id:MIGPARIS:20180810094958j:plain

長年使って消耗してしまったリュウズ

f:id:MIGPARIS:20180810095017j:plain

写真で見ると一目瞭然ですよね。上のリュウズはしっかりエッジが立っています。そして下のリュウズは角が丸くなっています。この違いはルーペで見ない限り、肉眼では一見わからないと思います。

特にレディースのビンテージウォッチのリュウズは、男性用のリュウズと違って、とても小さく、ケースにぴったり密着している状態ですので、ここが角張っていないとしっかりリュウズをつかめず、まわそうと思っても、指にひっかからないのですべって回せないのです。回せないので固いと思ってしまいます。しかも、本人は回していると思っても、実際はほんのわずかしか巻けていないので、いつまでたっても巻き終わらないと思ってしまいます。

migparis.com

リュウズを引っ張ると、ケースとリュウズとの間に少し距離ができ、しっかりつかめるようになるため、時刻合わせは問題なくできます。

こうなってくると、リュウズの交換をされた方がよいです。ここで問題になってくるのが、どのリュウズと交換するか。次回に続きます。