麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

リュウズを巻いても巻き終わりがない原因

お客様からの修理のご依頼で結構多いのが、ゼンマイ切れというもの。

写真でご覧ください。赤の矢印がさしている渦巻き状の部品があります。これがゼンマイ。

f:id:MIGPARIS:20200723154311j:plain

リュウズを巻くとこの渦巻きがきゅっと縮みます。時計が動き出すとこの渦巻きがほどけてきます。最初はほどける力が強く、ほどけるほどに力が弱まってきます。このほどける力が時計の動力となっています。

ここが切れるとリュウズを巻いていても終わりがなく、延々と巻き続けることになってしまいます。巻き終わっているのに、毎回必要以上に力を加えるとこの部分が金属疲労で切れてしまうことがあります。そうでなくても寿命で切れる場合もあります。

ゼンマイが中心部で切れるとリュウズが巻けなくなったり、端の方で切れると少し巻けて時計も動く場合もありますが、リュウズを巻いていても終わりがない場合はゼンマイ切れを疑って早めに修理に出しましょう。