麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

ロレックスやオメガ、ティファニーのレディースビンテージウォッチの偽物について

誰でもわかるロレックスの刻印の簡単な見分け方

ロレックスやオメガのビンテージウォッチを購入される際に本物だろうか?と不安に思われる方結構多いのではないでしょうか?女性用の時計でも偽物はありますか?という質問の答えは、残念ながらYESです。

ロレックスでも、オメガでも蓋をあけると、蓋の内側と機械にメーカーの刻印とケースが何の素材でできているかの刻印が入っています。何もない場合はそれだけで、偽物の可能性が大です。下記はロレックスのケースと機械です。

f:id:MIGPARIS:20190422102120j:plain

刻印のデザインや配置は時計によって違います。左側のケースの写真、刻印が左右対称に入っているのがおわかりいただけますでしょうか?偽物は少し歪んでいたり、どちらかに偏っていたり、文字の太さがバラバラだったりします。

migparis.com

ロレックスやオメガのアンティークウォッチの偽物の手口

偽物で多いのが、機械が壊れて使えなくなったケースに、まだ使えるロレックスの機械を入れて販売している時計です。これを密かに、ガチャポン時計と呼んでいるのですが(ガチャガチャといろんな機械をはめてあわせてみたら、ポンと入るのがあった!というイメージ)、文字盤と機械は本物なので、正面から見れば一見ロレックスの時計にしか見えません。しかも半分は紛れもない本物なのでたちが悪い。

悪質な物はさらに、裏蓋にロレックスの刻印までいれていることがあります。本物の刻印をたくさん見ていればすぐにわかるのですが、マニアックな時計好きの男性と違って、中まで確認する女性はいないし、偽の刻印でも見分けられないだろう・・・と悪さをする人がいるんですね。

 以前他店で購入された修理依頼の時計で、機械はオメガで、ケースはオメガではなかったということがありました。正面から見ても、ケースと文字盤がアンバランスで、中を開けなくてもガチャポンとすぐわかりました。がっかりさせてしまうので、もしくは知っててて購入されている可能性もあるので、こういう時でも何も言わずオーバーホールだけしてお返しします。

migparis.com

ティファニーのアンティークウォッチはさらに偽物が多い!

ティファニーはジュエリーが専門だったためか、時計に関しては、機械とケースは他のメーカーが製作し、文字盤にはTIFFANY&CO.と書いて販売しているものが多いです。元々ハミルトンだった時計の文字盤を書き換えて、ティファニーの文字を入れて販売すれば、ハミルトンより高く売れるのでこれを悪用する海外の業者さんが多いのです。ハミルトンだけでなく、ロンジン、オメガなどいろいろなメーカーがティファニーのために製作していますので、ティファニーに関して言えば、中を開けてみたら他メーカーの機械とケースだったから、偽物だ!とはならないのでご注意ください。

ティファニーはジュエリーが本業ですので、時計メーカーと違って留め金部分にまで宝石があしらわれていたりと細部まで丁寧に作られています。

f:id:MIGPARIS:20190420102407j:plain

上記の写真はティファニーの時計の留め金です。ここまでこだわって作るのはやはりティファニーだからこそ。

f:id:MIGPARIS:20190422112353j:plain

別のティファニーのブレスの留め金部分には珍しくT&COの刻印がありました。ティファニーの本物は必ずどこかにティファニーであることの痕跡があります。

本物のロレックスなのに刻印がはいっていなかったレアなケース

 ロレックスも必ずといっていいほど刻印が入っていますが、一度だけケースにロレックスの刻印がはいってなかった時計がありました。それはこちらの時計。

f:id:MIGPARIS:20190420094230j:plain

1960年代のロレックスのカタログと全くそのままで、このカタログの上に時計を載せてみても、ぴったりはまるのでロレックスであることは間違いないのですが、この時計の裏蓋には刻印は入ってませんでした。恐らく、大量生産ではなく特注で製作された数少ない時計だからではないかと思います。長年仕入れをしていますが、この時計を見たのは後にも先にも1度だけ。もう二度と見ることはないかもしれない貴重な時計です。

ハミルトンもジュエリーがたくさんあしらわれているものほど、ケースに刻印が入ってない傾向があります。

女性用のビンテージウォッチは男性物に比べれば偽物は少ないと思いますが、それでもガチャポン時計はよく見ますのでお気をつけください。特に海外でお買い物する場合、観光客は格好のカモです。旅行から帰って偽物と判明しても、遠く離れているので文句を言われず、売り逃げできるからです。