麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

秋冬シーズン、レディースビンテージウォッチを使う際にご注意いただきたいこと

あの猛暑はどこへやら、金木犀の香りがどこからともなく漂ってきて、スーパーでは栗や柿が並び始めました。今日、芦屋では秋祭りです。太鼓と鐘の音を鳴らしながら、だんじりが街を練り歩く光景は心が和みます。

さて、すっかり秋めいてきて、これからセーターを着る機会が徐々に増えるかと思うのですが、この季節ビンテージウォッチをご使用される際に、少し心にとめていただきたいことがあります。

ケースから機械を外してみると、下記のように穴があいています。中の機械とリュウズの軸がつながっている部分です。

f:id:MIGPARIS:20181004145339j:plain

このリュウズの軸の部分にセーターの繊維がひっかかり、それが穴を通って中に侵入し、機械の歯車をとめてしまうことがあります。先日時計がとまってしまったので見てほしいという修理依頼の時計を開けてみると、機械の部分にセーターの繊維がからまっていました。

ふわふわした細い繊維のセーターを着た時は、たまにリュウズを引いて、繊維がからみついていないか確認してください。

migparis.com