麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

ロレックス純正品のリュウズと純正品でないリュウズのメリットとデメリット

前回の続き。

blog.migparis.com

リュウズの交換が必要となった時どのリュウズを選ぶか。ロレックスの時計ですので、当然ロレックスの純正品をつけるのがベストですが、お値段が通常のリュウズの何倍もするためどちらをつけるのか悩むところだと思います。

純正品のリュウズと純正品でないリュウズのメリットをまとめてみました。

ロレックス純正品のリュウズ 

メリット:王冠マークがついているので見た目がかっこいい

デメリット:価格が高い 在庫がない場合がある 35000円~

ロレックスの時計なんだから、すべて純正品でないと気持ち悪い~!というこだわり派の方はこちら。

f:id:MIGPARIS:20180817145458j:plain

ロレックス純正品でないリュウズ

メリット:安い5000円~

デメリット:王冠マークがないので、見た目の高級感は落ちます

とれて紛失してしまったり、衝撃で折ってしまう可能性もある部分。その度に万単位の支払いは厳しい、消耗品とあきらめて、お財布に優しい方がよいという方はこちら。

純正品だからすごく回しやすいとかはないです。どちらも回しやすさは同じ。王冠マークがあるかないかの違いです。

migparis.com

今回修理をお受けした時計には純正品のリュウズがついていました。お値段のこともあり、どちらにされるか悩んでおられたので、あるご提案をさせていただきました。

すり減ってしまったリュウズのギザギザの部分に少し切込みをいれるという方法です。ひっかかりができるので、回しやすくなります。但し、この方法にもデメリットがあって、王冠マークのリュウズの表面側にまでわずかですが切込みが入りますので、見た目は少し不細工になります。

新品のリュウズのようにはなりませんが、いずれ交換しないといけない運命の、ロレックスのリュウズの寿命を少し伸ばすことができました。お財布的にも一番優しい方法です。(切込み加工のみの修理のご依頼は受けておりません)