麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

本物のティファニーのアンティークウォッチの特徴

前回の記事で、ティファニーのビンテージウォッチは偽物が多く、本物ならその特徴がいくつかあるということをお話ししました。ちょうど先日入荷した時計がティファニーの特徴をよくあらわしていたのでご紹介します。

blog.migparis.com

f:id:MIGPARIS:20190528124746j:plain

migparis.com

 まずこちらの時計、文字盤が書き換えされていません。オリジナルのままです。

f:id:MIGPARIS:20190528130606j:plain

もし書き換えされているなら、周りの縁の部分が汚れもなくきれいです。当時のオリジナルのままであるからこその時代相応のシミがあります。この縁の部分はケースにいれたら正面からは見えないので、外側からはわかりにくく、ケースからだしてみないとわかりません。

真っ白なピカピカの文字盤にTIFFANY&COと書かれている物は、購入される際、要注意です。もちろん単に文字盤をきれいにするためにリダンされた可能性もありますので一概にきれいな文字盤がすべて偽物というわけではありません。

そして、もう一点注目していただきたいのは、バンドの留め金具部分と紐を一つに留めている輪っかの金具。これがきちんと14金のイエローゴールドで製作されています。14金の時計のケースに対して、金具も14金。これはティファニーであるからこその特徴です。細部まできちんとこだわって製作しています。他のメーカーのものでしたら、ほとんどがゴールドではなく合金で製作されています。

f:id:MIGPARIS:20190528152519j:plain
 そして、もう一点、落下防止用に留め具がついていて2重に留められるようになっています。外側の留め具が何かの拍子に外れても、中にもう一重に留めがついていて、落ちないように細かい配慮がされています。

こちらも留め具がゴールドでできていることに気づかずに、廃棄されてしまって後付けの合金の金具がついている可能性もゼロではありません。

アンティークウォッチは購入した後につけられる後付けダイヤも多いですが、これはオリジナルのティファニーのダイヤモンドですので、やはり粒もそろっていて品質もいいです。

ティファニーの本物のアンティークウォッチは数少ないのが使われてで、貴重な一品です。