トップページへ
Description 芦屋からコスチュームジュエリーやアンティークウォッチの入荷情報、日常で見つけたきれいでかわいいことを、日々ブログにつづっていきます。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries Category Archives


時計が進む、遅れる、とまる→磁気帯びの可能性
 



最近時計の修理のご依頼で多いのが磁気帯び




時計を磁気の強い場所に近づけた事で

時計が異常に早く進んだり遅れたり

ひどい場合は動かなくなってしまいます。



この磁気帯、やっかいなのは見えないこと。

注意しようにもどこで磁気がでているのか

わかりません。例えばぎゅうぎゅうの満員電車で

時計をつけている腕と隣の人が持っていた

スマートフォンが長い間密着して磁気帯してしまう

ということも可能性としてゼロではありません。



一般的に磁気を強く発する物と言われているのが

パソコン、マウス、テレビ、携帯電話、スマートフォン

スピーカー、バッグの中のマグネット、タブレット

磁気ネックレス、ACアダプター、電磁調理器

医療用の治療器など、お家の中だけでなく

街中は磁気であふれています。




磁気を発しているものは方位磁石に反応します。

例えば携帯電話を方位磁石を近づけて左右に

振ると磁石の針も左右にふれます。






試しにパソコンのマウスやiPadでもやって

みましたが同様に針が動きました。




自分の時計が磁気帯なのかどうか知りたい方は

時計を方位磁石に近づけて左右にふってみてください。








磁気帯した時計は磁石の針も左右にふれます。







上記の時計は磁気帯していませんので左右に

ふっても何の反応もありません。




軽い磁気帯は機械を使って比較的簡単に

抜けますが、ひどいものはオーバーホールを

しなければ抜けません。これはアンティークに

限らずどの時計でもおこりえる症状です。



上記の磁石を使った検査はあくまで目安です。

磁気帯していても反応しない場合もありますので

磁気帯かどうかを確かめる手段としては

正確ではありません。時計の調子が悪い時は

お近くの時計屋さんに見てもらってください




一般的に5センチ以上離せば磁気の影響は

受けない
と言われていますので、可能性の

あるものには近づけないということが大事です。






※当店でも磁気帯びの修理をお受けしておりますので
お困りの方はご相談ください。
posted by: | アンティークウォッチあれこれ | 13:10 | comments(0) | - |

Comment