トップページへ
Description 芦屋からコスチュームジュエリーやアンティークウォッチの入荷情報、日常で見つけたきれいでかわいいことを、日々ブログにつづっていきます。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries Category Archives


ブローチのつけ方 薄い生地にブローチをきれいにつける方法
 


薄手のシャツやニット、シルクのワンピースに

ブローチをつけたいと思っても

重みでブローチが傾いてしまって

つけられないなんてことありませんか?


今日は薄い生地のお洋服でもだれずに

きれいにつける方法をご紹介します。


用意するものはこちら↓

接着芯


接着芯です。

厚み1ミリほどの糊付けされた布。



お裁縫好きな方ならご存知かもしれませんね。

バッグやお洋服を作る際、薄手の生地にアイロンで

貼り付けて型崩れしないように使うものです。

薄手、厚手と種類がいろいろありますが

今回使うのはハードタイプ

手芸屋さんならたいていどこでも購入できます。

1ロールで700円ほど。



これをお洋服の裏側にあて生地と一緒にさします。



さす部分だけに接着芯をあてるのではなく

直径5cmのブローチなら5cm角に

接着芯をカットして、ブローチ全体が

その上にのるようにします。



接着芯をつける前 

ブローチの重みで生地がひっぱられて下に傾いています。



接着芯をつけた後



鳥がしっかり上を向きました。



上から見ると・・・


接着芯がない時は生地が引っ張られて

ブローチの上部に隙間ができています。





接着芯と一緒にさした後は



生地とブローチの隙間がなくなりました。



もう一つ重みに負けずにつけるコツとして

ピンの幅いっぱいまでさすこと。



良い例○





悪い例×




上記意識してつけるだけでもだいぶ違います。



接着芯がない時は、応急処置としてパンストに

入っている厚紙でも代用できると思いますが

接着芯の方がピンがさしやすいです。



冬場なら重ね着しているお洋服全体に

ピンを通すだけでもOK。


お客様に教えていただいた裏技として

ブラの紐にピンをさすという方も

いらっしゃいましたね。



手持ちのブローチのサイズにカットして

何枚か準備しておくと便利です。


お試しくださいね。おはな
posted by: | ブローチコーディネート | 11:01 | comments(0) | - |

Comment