トップページへ
Description 芦屋からコスチュームジュエリーやアンティークウォッチの入荷情報、日常で見つけたきれいでかわいいことを、日々ブログにつづっていきます。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries Category Archives


フィンランドのくらしとデザイン ムーミンが住む森の生活
 


兵庫県立美術館で開催されている

『フィンランドのくらしとデザイン』展を

見に行ってきました。







ムーミンの原画や大好きなマリメッコの生地

家具、ガラス食器など北欧デザインの物が

たくさん展示されていました。


ムーミンは子供の頃テレビのアニメで見ていました。

合間に流れていたCMまで覚えています。

関西限定ですが同年代の方ならこの曲きっと

歌えますよね?(笑)(洋菓子パルナスYOU TUBE)

異国情緒あふれる歌で子供心にムーミンも

きっと遥か遠い国に住んでるんだろうなぁと

思っていました。



トーベヤンソンが1945年に子供向けに書いた

小説ですが、大人になった今読み返してみても

スナフキンの台詞にはっとさせられます。



『何でも自分のものにして持って帰ろうと

すると難しいものなんだよ。ぼくは見る

だけにしてるんだ。そして立ち去るとき

にはそれを頭の中へしまっておくのさ。

そのほうがかばんをうんうんいいながら

運ぶよりずっと快適だからね』



『僕は自分の目で見たものしか信じない。

けど、この目で見たものは

どんなに馬鹿げたものでも信じるよ』



『自分できれいだと思うものは、 なんでもぼくのものさ。

その気になれば、 世界中でもね。』



『明日もきのうも遠く離れている』




子供には難しすぎる(実際、スナフキンの

言葉にムーミンは『僕、わからないよ』と

言っていたと思います)哲学的な言葉に

またちゃんと本を読んでみたくなりました。




入り口にはフィンランドの森にあるような

かわいらしい小屋が建てられていました。






中をのぞいてみると・・・。







ムーミン一家がお食事中でした。








※マリメッコの代表的なウニッコという名の生地。家にもマリメッコで
作ったカーテン
やクッションカバーがありますが、モダンなデザインで
最近の物とばかり思っていましたが、実はこれ1964年にデザイン
された柄だったんですね。どうりで惹かれるはずですね・・・。


posted by: | ちょっとお出かけ | 10:06 | comments(0) | - |

Comment