麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

ビンテージウォッチの風防(ガラス)を交換する

ご依頼を受ける修理の中で、風防がいつの間にかとれてしまったというものがあります。風防は強い衝撃を与えてしまうととれてしまうことがあります。現物があれば再度取り付けるだけでよいのですが、紛失してしまったら新規に風防を取付なければいけません。

ビンテージウォッチの風防の素材は主に2種類あります。ガラスとプラスチック。どちらにもメリットとデメリットがあり、どちらがよいと一概には言えません。レディースのビンテージウォッチはどちらかというと、プラスチックが使われていることが多いように思います。

f:id:MIGPARIS:20191219154954j:plain

プラスチックのメリットとデメリット

・傷がつきやすい。

・落としても柔らかいので割れにくい。

浅い傷なら磨けば取れる。

加工がしやすく価格も安い。

ガラスのメリットとデメリット

・落としたら欠けたり割れる可能性があり、破片が文字盤を傷つける可能性がある。

・一旦傷がついたらどんなに小さな傷でもとることはできない。

・傷がつきにくい。

・プラスチックより透明感がある。

 プラスチックとガラスの見分け方

今自分の時計の風防の素材がどちらか見極める方法があります。表面に軽く触れてみてください。ひんやり冷たいのがガラス。そうでなければプラスチックです。

そして、指を下にスライドさせて、抵抗なくすっと動けばガラス。プラスチックの場合はずりずりと少し抵抗を感じるはずです。

ビンテージウォッチなら傷の状態で見分けることも可能です。擦り傷のような線で傷が入っている方がプラスチックで、ガラスの方は、点で傷がつきやすいです。

 当店で風防交換する場合

当店では風防の交換の依頼を受けましたら、ほとんどがプラスチックでの交換をしています。加工がしやすいというだけでなく、落としてガラスで時計の顔である文字盤に傷つけてしまうことは避けたいという思いから。風防を割っただけでなく、文字盤にまで傷がいくと、文字盤修復の修理にかなりの金額がかかってしまうからです。

シンプルなラウンド型をプラスチックで新規取付した場合は

 ¥9000円~(+消費税)

 

ガラスで交換希望の方はオーダーでお作りすることもできますのでご相談ください。お見積りをさせていただきます。