麗しきビンテージの世界

コスチュームジュエリーやビンテージウオッチのことをつづっていきます。

ビンテージウォッチを購入する際、腕回りのサイズの測り方とベストサイズ

ジュエリーウォッチやゴールドのバンドがついた時計を購入する際、サイズ調整が必要な場合、何センチににするのがベストでしょうか。

まず、メジャーで手首周りを測ってみてください。

f:id:MIGPARIS:20190903093954j:plain

あるいは、紙をバンド幅に切ってそれを腕に巻いて、定規で測ります。

f:id:MIGPARIS:20190903093928j:plain

サイズ調整する場合、腕回り+1cm余裕を持って調整します。15cmなら、16cmがベストサイズになります。

特にひっかけて留める金具の場合

f:id:MIGPARIS:20190903100229j:plain

着脱の際少し内側に引っ張りますので、ジャストサイズで調整してしまうと、あそびがなく、非常に留めにくいことになってしまいます。夏場汗をかくことも考えると、やはり少し隙間があった方がよいです。

ただし、2cmも余裕があると、時計が手首の周りでぐるぐると回ってしまいます。ゆるめにつけたい方でも、あまり余裕を持たせすぎるのはおススメできません。

最後にバンド幅に切った紙を、腕に巻いて、腕回り+1cmのところでテープを軽く留めてつけ心地を確認してみてください。意外ときつい、ゆるいとかでてきますので、またそこで少し微調整してみてご自身のベストサイズを探してみてください。ブレスタイプの細めのバンドと、1センチくらいあるバンドでもつけ心地が変わってきます。

サイズ調整は今の時計と違って、工具を使ってピンを抜いてコマを外して調整するという方法ではなく、バンドをカットして、さらに熱を加えてつけ直すという、ジュエリー職人さんの作業が必要になってきます。一回カットして、やっぱりきつかったからまたカットした破片を付け直すというのは可能ですが、作業代金が別途かかりますので、サイズを決めるのは慎重に行ってください。調整に10日間ほどかかります。

ほとんどの方は短くすることしかできないと思われているかもしれませんが、ゴールドを足して長く伸ばすことも可能です。必要な方はお見積りさせていただきますので、お気軽にご相談ください。